ホーム > 環境活動 > 環境目的・目標と実績

環境目標と実績

2019年度環境目標の総括と2020年度環境目標

2019年度環境目標の総括

2019年度は、当社各部会の業務に関連する環境目的として、1.環境配慮製品の開発・紹介・販売、2.廃棄物の削減、3.業務における環境汚染の防止、4.資源・エネルギーの有効利用、5.近隣社会への貢献活動推進、6.生物多様性の保全、7.環境法令の順守を実施しました。

 

2019年度(2019年6月1日から2020年5月31日)は、2020年になってからのCOVID-19の感染拡大により、環境配慮製品の販売に対して大きな影響が有りました。この結果、環境配慮製品の販売を目標として掲げた大半の部会・部署で未達成となりました。しかしながら、多くはわずかに目標値を下回っており、プラスの環境側面の活動としては、成果を得ることが出来たといえます。

 

また、他の目標については、おおむね達成することが出来ました。


2020年度環境目的

注:ISO14001;2015年版では、「環境目的」という言葉が無くなりましたが、当社では慣例的に環境目的を引き続き使ってまいります。

2020年度も以下の目的を掲げて活動してまいります。
  1. 環境配慮製品の開発・紹介・販売
  2. 廃棄物の分別・削減
  3. 業務による環境汚染の防止・予防
  4. 資源・エネルギーの有効利用
  5. 社会への貢献活動推進
  6. 要求事項の順守

環境目的の部門展開