ホーム > お知らせ > 2018年 > LTE通信を利用した戸別送受信機 『あんしんライト™』 を開発いたしました

お知らせ

2018年10月24日

LTE通信を利用した戸別送受信機 『あんしんライト™』 を開発いたしました

当社は、ビジネスコンサルティングおよびシステムの企画・開発を手掛ける株式会社アイズ(本社:三重県伊勢市、代表取締役社長:川邊泰志、以下 アイズ)と情報コミュニケーション、生活・産業およびエレクトロニクスの3分野にわたり幅広い事業活動を展開している凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)の共同開発で、非常時の確実な情報提供とIoTを活用した自治体業務の効率化を実現するLTE通信を利用した戸別送受信機『あんしんライト™』を開発いたしました。

災害時の防災情報はもちろん、平常時には自治体からのイベントや催事のお知らせなどの情報の受発信も可能となります。自宅に置いておくだけで災害情報を含む地域に属した情報を受発信できるため、スマートフォンや携帯を所有されていない方や不慣れなご高齢者や情報弱者の方々への情報伝達や見守り用途として地域の安全安心とコミュニティの活性化に貢献いたします。本製品は、凸版印刷にて、地方自治体向けの住民見守りサービス『あんしんライトサービス』(以下 本サービス)として、2018年10月15日より販売を開始しております。

以下、展示会ブースで 『あんしんライト™』 のデモ展示を予定しております。

■ 今後の展示予定
第4回 IoT/M2M展【秋】
 会期:2018年10月24日(水)~26日(金)10:00~18:00/会場:幕張メッセ
第8回 産業振興フェアinいわた
 会期:2018年11月09日(金)~10日(土)9:00~17:00/会場:アミューズ豊田

 

■ 『あんしんライト™』を活用した住民見守りサービスの流れ

■ イメージ
・ 動画紹介:(提供:凸版印刷)

 

・ 参考画像(提供:凸版印刷)


■ 『あんしんライト™』の仕様
・ 寸法:縦135mm×横176mm×奥行き62mm
・ 重量:約430g

■ 本サービスの特長
・ LTE網通信を利用で、インタラクティブ性を向上
・ 多機能でお知らせ:LED発光・吹鳴・ディスプレイ表示・テキスト音声(TTS: Text to Speech)
・ BluetoothやLoRa(※1)通信によるIoT機器との連携で機能拡張
※1 LoRa:低消費電力で遠距離通信を実現する通信方式であるLPWA(Low Power Wide Area)の一種です。

* 『あんしんライト™』は凸版印刷株式会社、株式会社アイズ、伯東株式会社が3社共同で特許出願準備中です。
* 本ニュースリリースに記載された商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。