ホーム > お知らせ > 2016年 > HIKARIスマートハウスシステムの販売開始

お知らせ

2016年2月17日

HIKARIスマートハウスシステムの販売開始

 当社は、情報通信エンジニアリング業界にて高い技術力と多くの施工実績を有するシーキューブ株式会社(本社:愛知県名古屋市中区門前町1番51号、代表取締役社長:橋本渉、資本金:41億円、名古屋証券取引所第一部)とスマートハウスシステムの開発及び構築に関する業務委託契約を締結し、「HIKARIスマートハウスシステム」(以下「本システム」)の販売を開始いたしましたので、お知らせいたします。

 

 本システムは、従来、当社が販売を行っておりました太陽光発電システム、東日本電信電話株式会社のHEMS(ミルエネ)等日本電信電話株式会社グループの通信サービス、日立コンシューマ・マーケティング社が提供するエネルギー関連機器を、シーキューブ㈱が持つ通信ネットワーク技術で連携させることにより、「快適な生活環境の構築」や「エネルギーの効率化」を実現し、多世代にも適合できるサービスを提供いたします。

 

 近年、環境意識の高まりとともに、商業用施設やビルなどの消費電力量は減少を続けている一方、一般家庭で消費される電力量は増加しております。国は1次消費エネルギーが正味(ネット)ゼロとなる「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)」の導入を促進する補助金を交付するなど、新築住宅をZEH化することを標準化するべく、積極的な普及促進を図っております。
 また、消費エネルギーの削減だけではなく、少子高齢化による住宅設備の利便性向上や防犯能力の向上なども住宅には求められております。

 

 当社では、日本電信電話株式会社グループ、日立コンシューマ・マーケティング社、シーキューブ㈱の技術力を背景に開発した本システムを展開することにより、お客様のニーズに対応するとともに、社会的要請にも応えてまいりたいと考えております。

 

【HIAKRIスマートハウスシステムの機能等】
1.快適な生活・安全安心環境の構築
 本システムは、付属するスマートフォンとタブレットPCを利用して快適な生活環境を構築します。
 屋内家電のスイッチ機能をスマートフォンに集約することで、一元管理及び操作を行います。また、IPカメラ等とスマートフォンを連動させることにより、屋外から屋内の映像、温度、湿度の見守りを行うことができます。
 その他にも、ドアホンとスマートフォンの連動により、外出先からの来客確認や、緊急警報の通知等を行うことで防犯性も高めております。
 今後も給湯器や窓シャッターの遠隔制御等、“Connected Home”のコンセプトをより発展させ、より豊かでより安心な家づくりを目指していくとともに、地域や人とのつながりを広げる取り組みをも目指していきたいと考えております。

 

2.エネルギーの効率化
 本システムは、HEMSによる住宅の消費エネルギーの見える化や、太陽光発電システムの発電状況をスマートフォンで確認することが可能です。また、屋外からの家電製品・AV機器の遠隔操作や自動制御により消し忘れ防止・省エネ制御が可能です。今後は家電メーカーにとらわれず、ECHONET Lite※実装の様々な省エネ家電との連動を行い、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)の実現に寄与してまいります。
※「ECHONET Lite」とは、家電の制御、運転状態や消費電力量の把握といったことをネットワーク経由で可能にする通信規格で、日本の家電メーカーや通信会社、電力会社などが加入している「エコーネットコンソーシアム」が策定したもの。

 

3.導入しやすさ
 本システムは、戸建住宅のみならず集合住宅への導入も可能です。また、本システムの機能を部分的に導入することも可能で、導入コストのご予算に応じた対応が可能です。

 

 

本件に関するお問合せ先
部署名: 電子コンポーネント事業部
    新規事業開発部 エネルギー ソリューション グループ
担当者:(本社)小松、古谷、鈴木 (関西支店)田島
電 話:(本社)03-3225-9082 (関西支店)06-6350-8910