ホーム > お知らせ > 2015年 > 当社社員が「多元技術融合光プロセス研究会」で講師を務めます

お知らせ

2015年7月6日

当社社員が「多元技術融合光プロセス研究会」で講師を務めます

一般財団法人光産業技術振興協会が開催するレーザ加工の研究会「多元技術融合光プロセス研究会」第2回研究交流会において、下記のとおり当社社員が講演を行いますので、お知らせいたします。

 

■ 「多元技術融合光プロセス研究会」第2回研究交流会
日時 : 2015年8月19日(水)13:00-17:15 (当社社員による講演:15:50-16:20)
会場 : 産業技術総合研究所 臨海副都心センター別館 バイオ・IT融合研究棟11階会議室

 

詳細はこちら

 

■ 講演テーマ
フェムト秒レーザと多軸ガルバノヘッドを用いた高品質穴あけ加工について
~High quality drilling by using Femto second laser and several axis galvano head~

 

■ 講師
電子機器事業部 営業三部 第二グループ
主任 蛭田 達郎

 

■ 講師の言葉
近年、フェムト秒レーザの高出力化・高安定化に伴い産業用途での採用が増加しており、レーザの能力を最大に引き出す光学系、駆動系の技術革新が求められています。特にフェムト秒といった極短パルスによる非熱加工を効率よく行うためには高速にレーザを走査することが重要となり、本講演では多軸のガルバノモータを用いた高品質な穴あけ加工について、その優位性をご説明いたします。